手指・足首のリハビリテーション補助ロボット

空気の力で繰り返し手指・足首をやさしく動かします。
パワーアシストハンド・レッグは他動的に関節を動かし、リハビリをサポートします。

製品写真

リハビリを身近に行いたい ・・・
毎日やってもらうのは大変・・・
退院後自宅でもリハビリしたい・・・
拘縮で困っている・・・
ましてや自分で行うのは・・・

Power Assist Series
アシストグローブ
パワーアシストレッグ
パワーアシストリスト

自宅で自動でリハビリをサポートします。

脳卒中(脳梗塞や脳出血など)などで手足が麻痺、拘縮する片麻痺になると日常生活が著しく不自由になります。手足の麻痺、拘縮のリハビリには手指のマッサージの継続が大切です。

病院を退院した後も、通院によるリハビリや自宅でのリハビリの継続が欠かせません。しかしながら、自分の良い方の手を使ったり、家族の方に手伝ってもらったりして自宅でリハビリをつづけることは、なかなか大変です。

イメージ
イメージ

弊社では、この問題を解決するため“介護ロボット研究開発拠点都市さがみ(神奈川県)”の株式会社エルエーピーが開発したリハビリ補助装置の“パワーアシストハンド&パワーアシストレッグ&パワーアシストリスト”の取り扱いを行っています。

キーワードは、「自宅で継続する」「自動で行う」です。

“パワーアシストハンド&パワーアシストレッグ&パワーアシストリスト”は空気の力で繰り返し手指・足首・手首を優しく動かし、脳卒中による片麻痺などで日常生活が不自由な方々のリハビリをサポートします。

パワーアシストシリーズとは

パワーアシストハンドは、ベローズ(空気袋)の膨張・収縮を繰り返し行うことにより、他動的・律動的に反復して、手指関節の屈伸運動を継続的に行う、リハビリテーション補助機器です。パワーアシストレッグはハンド同様の機構を用い足首の屈伸運動を行う、リハビリテーション補助機器です。パワーアシストリストは同様の機構で手首の屈伸運動を行うリハビリテーション補助機器です。

脳神経的理由による場合や整形外科手術後におけるリハビリテーションは、出来るだけ早急に始めることをお勧めいたします。反復運動の積み重ねによる脳の行動パターン再現が、最近実証されて話題となりましたが、現状、手指の筋力の維持や物をつかむという作業の自助具としてもご利用いただけ、退院後の自宅でのリハビリテーション補助機器としても大変ご好評をいただいております。

ご使用に向けてのご案内
パワーアシストリスト
アシストグローブ
パワーアシストレッグ

製品の特徴

空気の力で繰り返し手指・足首をやさしく動かします。
パワーアシストハンド・レッグで他動的に関節を動かし、リハビリをサポートします。

安全・安心

福祉用品の定義としては、安全第一でなければなりません。ベローズ内への空気の出し入れによる膨張・収縮動作システムと低圧ポンプを採用することで、過剰な力が発生することを防ぎました。

イメージ

簡単な装着と操作

取り付け・取り外しをスムーズにするため、手のひら側を大きくカット。摩擦が少ないので装着感も良好です。また、“ひらく” “とじる”に限定したシンプル動作でどなたでも扱いやすい仕様です。レッグに関しても機器の足置き部分に上から足を置き、置いた後にマジックテープで足の甲を覆うだけで装着でき、拘縮した足にも簡単に装着できます。

イメージ

やさしくフィット

グローブの装着感・フィット感を高めるため、素材やサイズ等こだわりをもって子ども用から大人用まで各種サイズから選ぶことができ、手のひら側を開けた構造で、肌で実感しながら、“つかむ”の実現に繋げることができます。レッグの素材もグローブと同じ素材を用いているためフィット感は良好で、足を置いたときのかかとの高さは同素材のスペーサーを用いて調整するようにしてあります。

イメージ

症状に柔軟に対応

手指の動きがこわばっている方、関節が固まりかけている方など、状況にあわせて調節可能です。足に関しても手と同様に状況に合わせて調節が可能です。

イメージ

■ 各機器の仕様
制御ボックス仕様 型式 PAH-UFO 型式 PAL-100
外形寸法 Φ251(直径)×128(高さ)mm 243(幅)×250(奥行)×219(高さ)mm
※取っ手部を除く寸法です。
重  量 1.5 kg 8kg
定格電圧 直流12V(付属ACアダプター使用:
入力AC100V~240V/47~63Hz)
AC100V
定格消費電力(運転時) 直流12V 0.5A 48.0W(50HZ), 43.5W(60HZ)
グローブ仕様 寸法 Sサイズ、MSサイズ、Mサイズ、Lサイズ(左・右) 重量:150g~170g
レッグ仕様 寸法 幅:190mm 長さ:322mm 高さ:310mm 重さ:4.7kg

商品ラインアップ

制御ボックス

制御ボックス
型式 PAL-100
希望参考売価 ¥438,000-(税別)
レンタル価格 ¥10,000-/月(税別)
備考 アシストグローブ、リレッグスと併用して使用
アシストグローブであれば2台同時使用可

パワーアシストハンドUFO

パワーアシストハンドUFO
型式 PAH-UFO
希望参考売価 ¥180,000-(税別)
レンタル価格 ¥4,500-/月(税別)
備考 アシストグローブと併用して使用
小型、軽量で家庭での使用に適している。
自動運転のみ

アシストグローブ

アシストグローブ
型式
希望参考売価 ¥59,800-(税別)
レンタル価格 ¥3,500-/月(税別)
備考 L、M、MS、Sの4サイズあり。
オーダーメイド可
PAL-100又はPAL-UFOと併用して使用

パワーアシストレッグ

パワーアシストレッグ
型式 Relegs
希望参考売価 ¥250,000-(税別)
レンタル価格 ¥6,500-/月(税別)
備考 PAL-100と併用して使用。

パワーアシストリスト

パワーアシストリスト
型式 Rewrist
希望参考売価 ¥225,000-(税別)
レンタル価格 ¥5,980-/月(税別)
備考 PAL-100と併用して使用。

Q&A

医療機器ですか?

医療機器ではありませんので、ご自身の判断で使用が可能です。
※医療機器は、医師の処方箋が必要になる場合があります。

どういった方が
使用可能ですか?

手指を動かした方が良いと言われている方で、動かした時に痛みのない方であれば、どなたでも使用可能です。
※ご判断の難しい方は、医師等にご相談ください。

一日に、動かす
回数は?

300回(約20分)2セットを毎日継続して行うことが良いと言われていますが、腕などの筋肉痛を防ぐ為、使い始めは、体調に合わせて100回程度から徐々に回数を増やしていくと良いです。
※無理せず、体調を見ながら使用してください。

拘縮が強いと
使えませんか?

拘縮の強い方ほど、変化が期待できます。最初は、ほとんど動きませんが、徐々に緊張がとれてくると可動域が広がっていくケースが多く見られます。

強さのコントロールは
できますか?

強さは変えられません。これ以上、強い力で動かそうとすると、麻痺している方(特に、拘縮のある方)は、緊張がはしり、さらに固まるという声が多いです。

空気を使う
メリットは?

過剰な力が発生することを防ぎ、安全性が高い。
利用者の症状(手指の硬さ)に合わせた動きができます。

無料体験

フロー
※四国地区以外の方々はご相談させて頂きます。

会社概要

ご挨拶

 近年の医療技術の進歩によって脳卒中で命を落とす人は少なくなりました。一方で、後遺症を抱えて生活をしなければならない人たちが急増しています。高齢者だけでなく30~50代の働き盛りの人で脳卒中の後遺症に苦しむ人も増加しています。
 後遺症の改善には、病院退院後も通院によるリハビリや自宅でのリハビリの継続が欠かせませんが、なかなか続かないのも現実です。この問題を解決するため弊社ではリハビリ補助ロボットの活用を提案しております。
 「介護ロボット研究開発拠点さがみ(神奈川県)」の株式会社エルエーピーが開発したリハビリ補助装置“パワーアシストシリーズ”は空気の力で安全に麻痺した手指、手首、足首のリハビリをサポートします。
 弊社では“パワーアシストシリーズ”をはじめとした、脳血管疾患等による後遺症に対応した機器を取り扱い、リハビリをサポートし、後遺症の改善のお手伝いをさせていただきたいと考えております。

2018年6月20日

愛媛ケア・アシスト
代表 武智 裕之

企業情報

屋号 愛媛ケア・アシスト
代表者 武 智 裕 之
所在地 〒790-0964
愛媛県松山市中村三丁目5番31号
電話(FAX) 089-941-9670
受付時間 平日9:00~18:00 (土、日、祝日は休業)
設立 2018年6月20日
事業内容 福祉機器及びリハビリテーション補助ロボットの販売、卸売、レンタル。
主要取引先 株式会社エルエーピー
株式会社テクノマイス
株式会社イーアス
有限会社ホームケア渡部建築
取引銀行 伊予銀行